おでこニキビ 治す方法

MENU

ターンオーバーを正常にしておでこニキビケア!

 

おでこニキビというと若さの象徴というイメージがありますが、もちろん大人になってもおでこニキビはできてしまいます。

 

成長期は男性ホルモンの分泌が多くなるため皮脂が毛穴に詰まりやすくなるのですが、これは成長期という一時的なものでこの期間をすぎると男性ホルモンの排出は安定してゆきます。

 

ちなみに詳しくニキビのできるメカニズムを説明しますと、毛穴に余分な皮脂や古くなった角質が毛穴に詰まったときに、それをえさとして繁殖するアクネ菌の活動が活発になります。

 

アクネ菌が活発になると炎症をおこし、それがニキビという症状になって肌に現れるのです。

 

成人してからのおでこニキビができる原因というと、普段の生活の乱れや過度のストレス、また外的要因である大気汚染や刺激の強いコスメのせいなど様々あげられます。

 

また、加齢とともにその機能が衰えるターンオーバーのせいでもあります。

 

つまり、新陳代謝が衰えて新しく肌が生まれ変わる周期がおそくなるのです。

 

人により差がありますが、おおよそ28日前後で新しい肌にかわります。

 

古い肌や傷ついた肌でもターンオーバーが正常に機能していれば28日ほどで古い角質となってはがれ落ち、そのしたから新しい皮膚に入れ替わります。

 

ターンオーバーの衰えは新陳代謝の衰えと比例しています。

 

古い肌を上に押上げて新しい皮膚に生まれ変わらせる機能が劣るということは、古い角質が毛穴につまり、肌がゴワつきやすく、そして雑菌にさらされると、アクネ菌が繁殖してニキビができやすくなります。

 

ターンオーバーを正常にしておでこニキビをケアするには、まず生活習慣の見直しが大切です。

 

例えば栄養バランスの良い食生活を心がけること。

 

そして、適度なスポーツをして新陳代謝を促してあげる、などです。

 

大人ニキビを治すなら、大人ニキビ超入門